広島の太陽 灯籠流し

ボローニャ 2014年8月6日
毎年8月6日、1945年の広島での原爆犠牲者への追悼のために灯籠流しが行われます。

この追悼式の間、紙の灯籠が川や海の流れに身をゆだね流されて行きます。灯籠には絵を描いたり飾り付けをしたりそれぞれの祈りの文を書き込んだりする人もいます。

ボローニャでも2014年8月6日、カヴァティッチョ公園にて灯籠流しの追悼式を行い原爆犠牲者を追悼します。

例年通り、収益金は全額2011年3月11日の津波災害後の復興のための活動を行っているNPO団体ワタノハスマイルへ寄付されます。

灯籠は寄付してくださる方々に配られ、水に流す前にお好みで絵や願いを込めたメッセージ、祈願の一言などで装飾できます。

入場自由

場所:Giardino del Cavaticcio (入り口via Azzo Gardinoとvia Fratelli Rosselliより)